こぐえ歯科クリニック

Tel.022-365-3728
トップページ > 小児歯科
メインイメージ

小児歯科Pediatric dentistry

小さいお子様は、初めての病院が怖くて当然、泣いて当然です。小さいお子様は、個室で診察を行ないますので、泣くことを気にせずにどうぞいらしてください。

サンプルイメージ

小児のむし歯治療
1歳になったお子様の乳歯(こどもの歯)の下には、永久歯(大人の歯)が既に存在しています。
乳歯は抜けますが(5〜7才頃から抜け始め、最後の歯は11〜13才頃に抜けます)、乳歯のむし歯を放置しておくと、永久歯の質や生え方、はならびに影響がでることもあります。また、口は、食べること・話すために大切な場所です。
お子様のお口の中を健康に保つことは、心身の健康な発育のためにも大切です。小さいお子様は、治療の時に泣くこともありますが、必ずみなさん泣かないで治療を受けられるようになります。子ども達の持っている「できる力」を信じて、治療が必要な大きさのむし歯があるときには治療をしましょう。

小児のむし歯予防
むし歯になる前やむし歯の治療の終了後は、お子様のはみがきの練習や歯のクリーニングをしながら、むし歯を予防していきましょう。
また、おうちでの間食の取り方や、食べてもむし歯にならない製品の紹介などもしております。フッ素はご希望を聞きながら、歯科医院で塗るものやご家庭で使うものなどの説明をさせていただきます。

障がいを持っているお子様の保護者の方へ
できるだけ年齢が小さいうちから、かかりつけを持たれることをおすすめします。
大きくなってむし歯ができて、初めて歯医者に行くということになると恐怖心が強くなり、難しくなることがあります。 お子様にあわせた、むし歯の予防、おうちでできるお口のケアを一緒に考えていきましょう♪

ページトップへ戻る
Copyright(C) kogue dental clinic All Rights Reserved.